事業計画書を提出する真意は?

こんにちわー! 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

事業計画書・・・・・・ようは、「どのようにしてお客様に来てもらい繁盛させますか?」ということですよね?

見る人は事業計画書の何処を見て、何を判断するんやろう?

内容はともかく、考えを まとめていることで、「この人は仕事に対して真剣に向き合っているな!」と判断するんでしょうか?

仕事でもあそびでも、やってみないとわかんない事だらけですよね~?

他の人と同じようなことを書いていたら「この人も同じようなこと書いてるな~」って思って見るのかな?

それとも、他の人は斬新なアイデアや、「おぉ~なるほど!この人のこれからは楽しみだ!」と思えそうな計画書を持ってくる人もいるのかな?

斬新な事を書いていたら、「おっ!この方法良いやん!他の人にアドバイスする時に使おう♪」って思ったりするんでしょうかねぇ?

「いっぱい書いてるな~やる気満々やね~。よしOK!」とか思うんかな?

提出する時に、聞いてみよう~
「これの何処を見て何を判断されているのですか?」って。嫌な顔をされるかな?

 

お客様で、営業やマネージメントされていた方に集客の事を話していたら、なかなか良いお話が聞けまして、人の経験と知恵ってありがたいな~って思いました。

客観的に見る、僕の強みや特徴も仰ってくださって、「ほ~そう見えるのか~」と面白かったり♪ 活かしていこうと思ったり。

 

今、お越しくださっているお客様に「どんなメニューがあったら嬉しいですか?」「○○なメニューがあったらどうですか?」「○○なメニューを考えているのですが、どう思いますか?」などを聴いてみようと思います。お客様の声を反映させたメニューを用意していこうと思ったり。

お一人お一人の事を思いだし、「○○があれば、○○様 喜んでくれるかな?」と、そういったものを準備しお知らせしたり。

他にどんなことをすれば喜んでいただけるかな?

 

1対1のスタンスの強みをもっと活用して、沢山のお客様と関われないぶん、お一人お一人により深く喜んでもらえるようにしていきます♪

コメントを残す