美容師よりもお客様のほうが美容師を知ってるよね!

こんにちわ!美容室かんしゃの 髙尾 総一 と申します。

ジャック2ショット
2018年の10月の一ヶ月間は、この格好で仕事しますよw

 

前回予約が取れなくて、他の美容室に行かれたお客様が、来られました。

毛染めをして、シャンプーをしてカットをして終わりかけの時に、『シャンプーの仕方もお店によって全然違うよね~」「ハサミの入れ方も全然ちがうよね~』とおっしゃられました。

僕が「お店によってやり方は色々ですからね~」と言うと、『やり方じゃなくて、気持ちの入り方が違う』、『技術の詳しいことはわかんないけど、私は長年お客さんやってるから、気持ちの入り方はわかるのよ^^』、『よそに行ってみると、よくわかるね~。今後も宜しくね』とおっしゃって頂けました。

そうやんな~、美容師やってる人でどれだけの人が他の美容師のお客さんになってるんやろう~?
美容師は美容師であって美容室のお客さまではないから、美容室のお客様に選んでもらえる美容師になっているのか、客観視できてないんかもね!

間違いなく、お客様の方が美容師を知っておられますね!

うちは奥さんも美容師ですが、井の中の蛙』にならないように、奥さんに切ってもらわず5年以上色んな美容院を転々としてました。

初めての店に電話するのも、入るのも緊張する・・・仕上がりに特に感動したお店も無い、お客様が言うように されていると技術はよくわからない。割引なんてどうでもいいし、自分が値段と内容で探してるのではなく、何かしらの理由で『ココに行きたい!』ってピンと来るものがないんやろうね~。

そんな中、転々とするのにしんどくなって、定まった所が美容師さんの年が近かったことと、表情や口調や関わり方が心地よかったお店です。

仕事の事を考える時、『技術と知識と情報を身につけて提供しないと!』って思っていたが、自分がお客さんになって他のお店に行く時、そんな事を強く求めていなかった。その矛盾に気がついてなかった

お客様への触れ方、口調、言葉、表情、そういった人としてのあり方の方が、重要って言うことを、今日のお客様の言葉で、確信できました!

ご来店いただいている上に、もっと大事なことまで教えていただけるなんて、ホントありがたいことです!