事業計画書を提出する真意は?

こんにちわー! 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

事業計画書・・・・・・ようは、「どのようにしてお客様に来てもらい繁盛させますか?」ということですよね?

見る人は事業計画書の何処を見て、何を判断するんやろう?

内容はともかく、考えを まとめていることで、「この人は仕事に対して真剣に向き合っているな!」と判断するんでしょうか?

仕事でもあそびでも、やってみないとわかんない事だらけですよね~?

他の人と同じようなことを書いていたら「この人も同じようなこと書いてるな~」って思って見るのかな?

それとも、他の人は斬新なアイデアや、「おぉ~なるほど!この人のこれからは楽しみだ!」と思えそうな計画書を持ってくる人もいるのかな?

斬新な事を書いていたら、「おっ!この方法良いやん!他の人にアドバイスする時に使おう♪」って思ったりするんでしょうかねぇ?

「いっぱい書いてるな~やる気満々やね~。よしOK!」とか思うんかな?

提出する時に、聞いてみよう~
「これの何処を見て何を判断されているのですか?」って。嫌な顔をされるかな?

 

お客様で、営業やマネージメントされていた方に集客の事を話していたら、なかなか良いお話が聞けまして、人の経験と知恵ってありがたいな~って思いました。

客観的に見る、僕の強みや特徴も仰ってくださって、「ほ~そう見えるのか~」と面白かったり♪ 活かしていこうと思ったり。

 

今、お越しくださっているお客様に「どんなメニューがあったら嬉しいですか?」「○○なメニューがあったらどうですか?」「○○なメニューを考えているのですが、どう思いますか?」などを聴いてみようと思います。お客様の声を反映させたメニューを用意していこうと思ったり。

お一人お一人の事を思いだし、「○○があれば、○○様 喜んでくれるかな?」と、そういったものを準備しお知らせしたり。

他にどんなことをすれば喜んでいただけるかな?

 

1対1のスタンスの強みをもっと活用して、沢山のお客様と関われないぶん、お一人お一人により深く喜んでもらえるようにしていきます♪

信頼できる人から買う安心感。Bee+マルシェ&カフェ

こんにちわ! 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

いよいよ最終の月曜日から、店舗改装の為の工事がはじまるのですが、ご近所へのご挨拶ができていなくて、その時の手土産に何がいいのか?迷っておりました。

去年の末、ビジネスセミナーに参加した時に、佐賀県の武雄市と言う所で、ガソリンスタンドを経営しているあだ名が『かねやん』という方がいまして、彼は自分の所にガソリンを入れてくれるお客様の農家の方の為に、野菜ソムリエの資格をとり、その農家のお客様の野菜や果物を美味しく食べてもらえる場所として、野菜カフェ『Bee+マルシェ&カフェ』をオープンさせ経営しているのです!

すごいですよね!自分の所に来てくれるお客様の為にカフェをオープンさせたんですから!

何回かのセミナーを通じ、彼の他者紹介と言うものをさせてもらったお陰で、彼の人柄や仕事への情熱も知ることができました。

ということもあり今回、果物にしようとおもっっていたのですが、何がいいか?は彼にお任せし、彼が自信を持って勧めてくれるものなら間違いがない!

ということで、彼のおススメの『ピオーネ』という種無しブドウにしました。

 

ピオーネ

かなり大粒で立派なこと!

ピオーネ

彼からのメッセージで、「大粒のものを選びました!めっちゃ美味しいですよー!」と・・・あ~時分の家のも頼めば良かったな~。

はち切れんばかりの実でした♪

 

買い物って、買う前も買った後も、安心感が欲しいですよね?

何でそこで買うか?そこに欲しいものがあることと、そこで買ったら『間違いないと安心できる』『喜んでもらえるという安心感』そういったことを思えるから、そこで買う!

やはり、信頼できる人から買うと、満足感までついてきますね!

美容師で居させてもらえてる自分

こんにちわー! 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

美容師になったのは、僕が美容師になりたいと思ったから。
でも、美容師でし続けられるのは、お客様が来て下さるからです。
お客様が来てくださらなかったら、僕はタダの人ですもんねぇ・・・

今日は、神奈川県からご夫婦で来てくださったお客様。

20代の時のお客様で、長い間お会いしていませんでしたが、僕の事を覚えて下さっていて、今日はご夫婦で来てくださいました!

髪質の悩みと希望とのギャップでけっこう難しく、しっかり話を聴いて何とか近づける方法を攻めていく。 この感覚を「なつかしいな~」と思いながらカットをしたり、思い出話をしたり。

僕が病気をした時も身内のようにショックを受けた話とか、また僕に髪を切ってもらうことが嬉しいと言ってくださったり、「今年の10月、仮装しながらの営業します」と伝えると、「その時期に合わせて来る」と言ってくださったりと。

お客様のおかげで、健康でいようとか、ずっと美容師でいられるようにしようとか、もっと役に立てるようにと奮い立たせれたりとか。

お客様が僕を美容師にしてくれているんやな~っと気づかせてもらえます。

1人で仕事をしていると、ふと不安になったりするんですよね。でも、そんな時にお客様が自信を持たせてくれます。本当にありがたいです。

ウチのお店は貸し切りタイプの営業なので、お一人をカットしている時も、もうお一人は家に居るようにくつろいでいらっしゃるのを見て、嬉しく思ったり。

神奈川県からのお客様

終わってからも、一緒になって団欒したりと♪

ウチの実家は和菓子屋で、親とお客様との関係性の良さを見ていましたから、僕もお客様といい距離感で長くお付き合いしたいのと、「家族ぐるみでのお付き合いとかいいな~」って思っていたりします。

これからも美容師で居させてもらえるように、精進します!