お客様の髪の悩みと美容師の思いやり。

こんにちわ~ 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

先日、新規のお客様のご予約を頂いて、ご来店なられたお客様は僕が勤めていた時のお客様でした!

14~15年ぶりの再会です。
僕が体調崩して辞めた後、その店のオーナーや後輩を担当を転々とし最終的に僕を探してウチの店にたどり着いようです。

このお客様が来られた前日にも、15年ぶりの男性のお客様からの電話があったりで、不思議なことが続くもんやな~っと。

今日のお客様は、髪が硬くて多いのでおさまりが悪く 左サイドがハネて 左の頭のハチが膨らむ。 その上前髪がパカッと別れて直らない・・・という悩み。

カウンセリング時に解決する方法を全てお話して、結果仕上がりを喜んで下さいました。

何人かの後輩にカットをしてもらってきているのですが、「前髪が分かれるのが直ったことが無い」と。ハチが膨らんで可笑しくなるのも、ハネておさまらないのも、毎回だから諦めていたらしいのです。・・・後輩たちが関わっていた分 それが残念でした。

直らない生え方の人もいらっしゃいますが、このお客様に関しては直せるのに、探究心が足りなかったのかなぁ・・・

 

世の中には、切り方で直る悩みや、風の当て方だけで解決できる悩みの方が、けっこういらっしゃいます。

美容師の努力不足や・思いやり不足で諦めざるをえないお客様が沢山いるんと違うかな~。

切り方』と書けば技術の違いって思いそうですが、その技術が身に付いたり、気づいたり、閃くのって

『思いやり』や『真心』のたぐいの心があるからやと思うんです。

○○な技術を身につけたい…△△なことができるようになりたい…とかは

「この方の悩みを解決できるもっと良い方法はないやろうか?」
「このクセを収めるにはどう切ったら収まる?」

というように、「悩みを、希望を何とかしてあげたい!」ていう想いの強さが、他の美容師にはできない技術や繊細さを身につけさせてくれるんやと思います。

多くのお客様に指名されている美容師さんほど、物凄く謙虚でおどろきます。

指名でいっぱいいっぱいやのに、「自分のやってることは大丈夫なんやろうか?」って不安に思っている方もいたりしますので。

 

そういった、もっと良い方法があるのではないか?というお客様の心に対しての探究心が、結果としてお客様のほしいものを手に入れてもらうお手伝いができるんでしょうね。

コメントを残す