髪型を作るうえで根底にある想い。

こんにちわ。 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

仕事をする上で、『根本になる「1」の想い』というものをよく振り返ったりします。

自分自身で、理解し易いように・薄れないようにと、振り返ったり考え直したりします。常に意識できていないと、ブレて仕事をしてしまいそうだからです。

 

20代の時は、お客様とのカウンセリングで、お客様が発した『一言目』を最優先していたり。

自分でお店をしてからは、ずっと問いかけて変化していました。

ある日、スーパーに行く途中に新しく建ったビルの1階に美容室のオープン告知を見つけました。

そしたら、ふと「髪型つくってたら あかんな~」って頭によぎったんです。

他の仕事をするっていう意味ではなく、もちろん髪型は今後も作るんですけどね!

この言葉がよぎるまでは、人それぞれ輝いていたいステージ(場面・シーン・時・職場・人と会う日・常時など)があるでしょうから、『このお客様が、そのステージでスポットライトを浴びた時にどんな髪型ならその人の輝きにあっているか?』を想像して髪型を作るよう心がけていました。

そして「髪型をつくってたら あかんな~」って思ってから、今まで思っていた思いを整理しなおして

「その人の人勢(じんせい)を創る」という想いを志にしました。

この言葉 抽象的で、言うは簡単ですからね~。

口だけにならないように、お客様に教えてもらいながら、ディーラーさんメーカーさんの協力を得ながら、追求し続け、『かんしゃ』に来て下さったお客様の人生をより勢いのあるものにします。

 

改装の為に、今月末に内装屋さんとの具体的な打ち合わせをします。その前に、心の根っこの部分が明確になってよかったです!

 

コメントを残す