苦手だからこそ自分だけの方法が生まれる!ズートピア。

こんにちわ! 美容室かんしゃの 髙尾 総一 です。

 

ディズニー映画の『ズートピア』

ズートピア

子供の頃から警察官に憧れ、小動物初の警察官になる。

うさぎだから体が小さく、警察官には向いてないと子供の頃からバカにされる。親も反対する。「今までに警官になったウサギなんていない」と。

ズートピア

訓練学校に入っても、実際からだの小ささがハンデとなって、付いていけない。

だけど諦めずにできる事を活かして(小さい、すばしっこい、ジャンプ力があるとか)、他の人と違う方法でクリアしていく!

苦手でも・それがハンデやったとしても、

苦手があるからこそ、できることが見えて それが研ぎ澄まされて

叶えるための方法が身につくんやね!

ズートピア

僕は美容師してきてるけど20代の頃から

ファッションにあまり興味がないのか、ブランドやメーカーの名前が覚えられない。

流行も知らない。可愛いものが可愛いし。

出不精なので外に出ない。

それをコンプレックスに思っていましたが、だからこそ苦手じゃない部分がいかされてきて、「伸びても形が崩れない」と言って貰える様になったのかもしれないです。

 

『進みたい道がある』というだけで、その道を進めるようになっていると思う。

その道に必要なもの全てを、誰もが持ってるわけではないし。

苦手なことやハンデがあったとしても、自分の持ってるもので、工夫して進めるように絶対なってるよ。

だから、やってみたい!と思ったら、信じて進もう~♪

ズートピア

 

 

 

コメントを残す