自分で縛り付けてるんかも知れないよ!

こんにちわ!美容室かんしゃの 髙尾 総一 と申します。

ディズニー映画の『ノートルダムの鐘』
この映画の最後の方で、石像に言われる一言があります!
その言葉が 心に響きました!

 

主人公が生まれつき他の人とは違った姿で『化け物』扱いされ、一人隠れ住んでいる。友達は石像との妄想コミュニケーション。

ノートルダム石像

でも、他の人と同じように楽しんだり愛されたい。そして恋に落ちます

ノートルダムの鐘

でも、主人公の好きな女性は別の男性が好き・・・

そして、やはり悪い奴がいるのですね!ほんまに極悪非道です!

ノートルダムの鐘 悪役

町の人から嫌われ、自分の好きな人は別の男性が好き・・・それでも、好きな女性の為に悪い奴を倒します!

そして、なんとまぁ~お人よしなこと!

ノートルダムの鐘

自分の好きな女性の恋を祝福するのです!
「これだけやと、主人公可愛そうなだけやんか!」って私怒ってましたw
最後の最後に町の少女の取った行動で、涙ボロボロ・・・良いお話でした♪

この映画の最後の方に石像に言われる一言があります!

「自分自身で、鎖で心を縛ってるんじゃないか!」

ノートルダムの鐘ー鎖

そうかも!って・・・・・・「自分は○○だから」「うちは○○だから」、あ~たらこ~たら 自分を正当化しようとして動けないように・・・もしくは 動かなくていいように、自分で不自由にしてしまっていると思う。

わたし達は、もっと自由にいられると思う。そしたら可能性も変わってくると思うし、見え方も変わってくるとおもう。私はそう信じてます!

自分で心を縛り付けていないか、確認した方が良さそうですよね^^

 

コメントを残す